guitar maniacs

Fender Esprit、その他ギター改造などに関するマニアックな話

2017年冬のプロジェクト① Warmothストラトのオイルフィニッシュ

冬のプロジェクトということで、付きあいの一番長いギターの加工をしてます。画像だと赤みの強いブラウンの塗装を剥ぎ始めた状態。なお、このギターは10前ほど前に名古屋のギター、ベースショップでオーダー作成したWarmoth製のストラトタイプ。

f:id:teletele916:20171212224017j:plain

f:id:teletele916:20171212224034j:plain

ハードテイルのブラッキーという形でオーダーしたので、アッシュボディに極太Vシェイプのワンピースメイプルネック、ピックアップはリンディーでした。

作成して4年ほど使った後に使わなくなり、タンスの肥やしに。3年ほど前に思い立ってブラックの塗装を剥ぎ落とし、冒頭のように赤みの強いブラウンに塗装。

この時点でストラトのフロントの音が嫌いになっていたのでフロントピックアップを排除。配線もセレクターを3way(センター/ミックス/リア)にしてリアでもトーンが効くように改造していました。

 

ピックアップに関しては、いつぞやの時点で、リンディーの無駄なパワフルさが嫌になって(※個人的にストラトのストラトらしい音に嫌味を感じるようになっており、リンディーのパワフルさだと、このストラトらしさが強調されてしまって嫌だった)RIO GRANDEに変更しています。ストラト嫌いなら、なんでストラト使っているんだという話もありますが、このハードテイルのストラトに関しては、なぜかストラトの嫌みな音がしないのです。テレキャスに近いと言えば近いですが、それともちょっと違うある種独特な音のギターです。

 

ハードテイルのせいか、リアに関してはテレキャスに近い音が出て、センターピックアップ単体では綺麗なクリーントーンが出るギターとなっています。ボディーは塗装を剥ぎ落とした結果かやたらと鳴るようになり、重量も全体で3.0kg程度と驚くほど軽量に。その為、音自体はそこそこ好き、軽さは大好き、傷が付いてもあまり心も痛まないということで、最近はお出かけ用ギターとなっているという状態です。

f:id:teletele916:20171216080559j:plain

今回はこのブラウンの塗装に飽きたのもあり、もう一度塗装を剥いで、オイルフィニッシュにしてみようかと計画中。ピックアップは特に変更する必要性も感じないのでそのまま。時々ハイが抜けすぎる気もするので、コンデンサを少し替えてみるのもありかもしれないと思っています。

 

元々アッシュボディにワンピースメイプルということで、音のブライトさは十分なので、コンデンサーはハイ抜けをあえて狙わない程度の抵抗値にするとどうなるかなという実験要素もあります。

f:id:teletele916:20171216080612j:plain

ある程度荒いサンドペーパーでサンディングしていますが、ボディ裏にある使用時についた深いキズの部分はそのまま赤茶のペイントが残っています。こういった細かいギャップに関しては、最終のサンディングが終わった段階でリューターでペイントだけ落とそうと考えています。

 

 

f:id:teletele916:20171216080533j:plain

ストラップピンの部分は元々のブラックの塗料が少し残っています。こうして見ると比較的綺麗なブックマッチで作られた2ピースボディであることがわかりますが、確か名古屋のこのショップに依頼した時は「ボディは1ピースアッシュで」と依頼していたはずなので、「オーダー通ってねーじゃん」ってことなんですが、仕上がった時は当然ブラックで塗りつぶされてしまっていたので、後になって自分で塗装を剥いで発見するという結果に。。

 

確か最終的に支払った金額は18万9千円だったと記憶していますが、仕上がりも微妙だったのもあり、この一件で「適当に他人に作られるなら、自分でギターの組み方勉強してWarmothとかでオーダーした部品で自分で組んだほうがいいじゃん」という結論に至り、その後Warmothの部品で4本ほどギターを作ることに繋がっていったわけです。知的好奇心で変な部材で組み上げたギターばかりだったので、(マホガニーのストラトとか)その殆どは既に手元にありません(爆)

f:id:teletele916:20171216081056j:plain

まだ気が早いですが、完成予想図。実際はオイルフィニッシュなのでボディはもう少し黄ばんで艶も少し出るはず。こうして見ると単色で塗りつぶすのが勿体無いくらい良い顔をしたアッシュボディであることがわかります。細かいことですが、ピックガードはフロントピックアップの穴なし、2コントロールのものをWarmothでオーダーしたもの。艶を抑えるために、全体を800番ほどのサンドペーパーでサンディングしてつや消しにしています。ちなみにワンピースメイプルネックは極薄のラッカー塗装なので、レリックではなく、10年間使用したことによって自然と汚くなっています。とは言え、4年くらい毎日弾いてればこれくらいになったと記憶しています。

 

残る工程は、全体をもう少し番手上げてサンディング/ボディ裏と表のエッジが甘くなっている部分をブロックにサンドペーパー貼って綺麗な面出し/最終仕上げ研磨/その後オイルフィニッシュ/コンデンサ交換/配線作業といった感じでしょうか。